波田漁業協同組合

釣り人の心得

釣りのマナー/Q&A

釣りのマナー

  1. 自動車を駐車するときは、地元の人や生活や仕事に迷惑をかけないような場所を選び、他人の土地や畑などには立ち入らないようにしましょう。

  2. 釣り場の環境を大切にするため、ゴミや煙草の吸殻は、持ち帰りましょう。

  3. 放置された仕掛けで、野鳥が傷つき、川に遊びに来た子供がケガをすることもあります。使用した仕掛けは、持ち帰り処分しましょう。

  4. 設置されている漁具等に手を触れたり、漁業作業場に入らないようにしましょう。

  5. 他の人に迷惑をかけないために、釣り場では適当な間隔を置いて割りこまないようにし、狭い場所では譲り合って釣りましょう。

  6. 釣りをするときは、遊漁券(遊漁承認証)を購入し、釣り場ではみやすいところに付けましょう。

 

Q&A

Q1 魚を釣ろうとしたが、1尾も釣れなかった。それでも遊漁料を支払わなければならないのか?

A1 遊漁料を支払わなければいけません。漁業関係法規でいう「採捕」※採取捕獲する行為をしたのですから、支払う必要があります。

 

Q2 採捕禁止区域で釣りをしているが、全く魚を捕っていない場合、これは規則違反となるかどうか?

A2 規則違反となります。A1に示した通り、「採捕」※採取捕獲する行為を禁止区で行ったのですから、規則違反となります。

 

Q3 にじます・やまめ・いわなの採捕禁止期間中に、採捕禁止期間のない「うぐい」を釣っていると主張している釣り人は、規則違反となるかどうか?

A3 うぐいを釣っていると釣り人が主張する方法が、にじます・やまめ・いわなを混獲すると客観的に判断される(例えば、生きたエサを使ったミャク釣り)なら、規則違反となります。

 

Q4 ブラウントラウトが漁業権の対象魚になっていないが、ブラウントラウトを釣る場合に遊漁料を支払わなければいけないのか?

A4 遊漁料を支払っていただく必要があります。釣りをする水域や漁法等から漁業権対象の魚種を混獲すると客観的に判断されます。
  (ブラウントラウトを釣っている場合、ニジマスやヤマメ、イワナを混獲すると客観的に判断します。)

 

遊漁期間

遊漁期間は、守りましょう。

にじます・やまめ・いわな

 ★2月16日 ~ 9月30日

うぐい

 ★周年

かじか

 ★5月16日 ~ 2月末日

     ※当沢合流点~黒川合流点は、5月16日~9月30日

その他

 ★3月1日 ~ 9月30日

 

遊漁料

遊漁券をお求めの上、釣り等を楽しんでください。販売店は、こちらとなります。
【変更日 令和3年1月1日】

竿釣・さで網・たも網

 ★一日(日釣券) ・・・ 1,100円

 ★年間(年釣券) ・・・ 4,400円

 ★現場付加金 ・・・ 1,000円

 ※小学生 ・・・ 無料

 ※中学生 ・・・ 半額

 ※身体障害者 ・・・ 半額
 

投網・やす

 ★一日(日釣券) ・・・ 1,100円

 ★年間(年釣券) ・・・ 4,400円

 ★現場付加金 ・・・ 1,000円

Page Top

お問い合わせ

波田漁業協同組合(松本市波田商工会内)
〒390-1401 長野県松本市波田10098番地
TEL:0263-92-2246(月~金曜日 9:00~17:00)
TEL:0263-92-2246(月~金曜日 9:00~17:00)
FAX:0263-92-5999